トップページ > 交通事故とケガについて

交通事故とケガについて

交通事故が起こったとき、身体はどのような状態になっているものなのでしょうか。
一般的には車や自転車に乗っている場合、あるいは道路を歩いている場合、常に身構えている、ということはありませんから、突発的に起こる交通事故によってケガをする場合、思ってもみないような症状になることも。
ぱっと思い浮かぶ交通事故のケガといえば、「ムチウチ」や「骨折」であったり外傷を負う、という感じですが、それ以外にも「内臓損傷」であるとか、「脳の障害」など、さまざまな重篤な後遺障害が残る場合もあるのです。
ですから車に乗るドライバーや自転車を運転するひとは、細心の注意を払って「事故を起こさないように」努めるべきなんですね。
ここでは交通事故が起こったら、どのようなケガをする可能性があるのか、またそのようなケガをした場合、その後どうなるのか、どのように治療をすすめていくのか、といったことについて解説していきます。